Lacquer

A Roman Studio Lawrence Alma-Tadema 1874

A Roman Studio Lawrence Alma-Tadema 1874 From the collection of Tokyo Fuji Art Museum 1870年にロンドンに定住した彼は、1874年にはイギリスを代表する画家の一人になっていた。21点もの作品を完成させたこの年は、彼の生涯の中で最も実りの多い一年であった。アトリエや展示室で、目利きに作品を見せる古代ローマの画家や彫刻家というテーマは、彼の初期の作品でとりわけ重要な位置を占めている。この作品でも、画面右の男が描いた絵に、批評を与える人たちを描いている。画面左上の画架に書き込まれたOp. CXXXVIは、彼の作品番号(136番)で、1851年の最初の作品からこの習慣は続けられ、生涯で番号は408に達した。 Details Title: A Roman ...
Read More

Portrait of Bianca Cappello Alessandro Allori 1578-1587

Portrait of Bianca Cappello Workshop of Alessandro Allori 1578-87 From the collection of Tokyo Fuji Art Museum 豪奢な金の刺繍が施された黒と白の衣装と、宝石で飾られた頭飾りを着け、右手の薬指に赤い大きな宝石の指輪をして本を持つ女性は、トスカーナ大公妃のビアンカ・カッペロ(1548—1587)である。彼女はメディチ家の8代目当主であったフランチェスコ大公の熱愛を受け、1578年に結婚して彼の二番目の夫人となり、その翌年に大公妃となった。この肖像画はおそらく、彼女が結婚し、亡くなるまでの10年間のあいだに描かれたものであろう。 作者のアレッサンドロ・アローリは5歳のとき孤児となり、マニエリスムの大画家として知られる伯父のアーニョロ・ブロンズィーノに引き取られ養子となった。フィレンツェで彼は、メディチ家がブロンズィーノに対して行ったのと同じように庇護を受け、教会その他の公共建築物の装飾を委嘱された。またアローリは、本作に見るようにトスカーナ地方の著名人を描いた肖像画で大きな成功を収めた。 アローリは、師匠ブロンズィーノの理想化された形体上の純粋性を引き継ぎながら、ミケランジェロを源泉とする形体の増幅、ラファエロに影響を受けたリズム感などの個人的な趣向を両立させようと試みた。本作は工房の制作ではあるが、このアローリの様式を良く表わしており、とりわけ真珠をはじめとした宝飾品や金刺繍などの材質感の再現性などにその特徴を見せている。なお、アローリが描いたビアンカ・カッペロの肖像画は複数存在し、フィレンツェのウフィーツィ美術館に代表作がある。 ...
Read More

Liquid coating substance that dries to a hard finish. In most lacquers resin is dissolved in a volatile solvent or a drying oil and hardens by evaporation. Urushi lacquer, however, hardens by oxidative polymerization when thin coatings are exposed to high humidities at moderate temperatures. There is also no general agreement concerning the differences between a lacquer and a varnish, particularly in modern production. Some lacquers, when sold as artists’ materials, are often called ‘varnishes’ or ‘spirit varnishes’. Urushi, which is sometimes called ‘true’ lacquer, is the Japanese name for the resinous sap of Rhus vernicifera, but in the late 20th century it became the accepted term for the saps of other species possessed of similar properties. This was done to differentiate urushi lacquers and lacquerwares from those made from other plant resins and gums or from such insect-derived resins as shellac. The various European imitations of Asian lacquer, for example vernis Martin, are all best described as ‘japanning’. Urushi is used in East and South-east Asia, and shellac in the Indian subcontinent, the Middle East and the Near East. European lacquerware employs a variety of substances and techniques but only very rarely urushi.