ICHCAP、韓国

UNESCO(ICHCAP)の後援のもと、アジア太平洋地域の無形文化遺産国際情報ネットワークセンター

無形文化遺産(ICH)は、世代から世代に伝わってきた人間の署名であり、文化の多様性と人間の創造性の源泉となる各コミュニティメンバーのアイデンティティと一貫性を提供します。しかし、グローバリゼーション、都市化、近代化のために、特にアジア太平洋地域では、文化遺産の多くが絶滅の危機に瀕しています。アジア太平洋地域は豊富な無形文化遺産で有名であるが、政治的支援の欠如や保護に向けた実用的な困難にも耐えられている。

UNESCOのICH活動の保護の中で、2003年のICH保護条約は2011年6月時点で134の国が参加する最も包括的な国際措置である。韓国は条約締約国の中で、国家レベルでの文化財保護法の制定、国際レベルでの人道的救済制度の普及など、政策作りの努力を通じた無形文化遺産の保護に取り組んでいます。これらの努力が成果を上げた結果、ユネスコは2009年の第35回総会において「ユネスコの支援の下、アジア太平洋地域における無形文化遺産国際情報ネットワークセンター(以下、ICHCAP)」の設立を全会一致で承認した。

それ以来、韓国政府とユネスコとの間の協定が2010年に締結され、最終的に、韓国の議会による公式設立に向けた関連法の改正も2011年に完了しました。アジア太平洋地域におけるICHの保護に向けて活動するUNESCOカテゴリー2センター。

ICHCAPの主な役割は、2003年のユネスコ条約の枠組みにおいて「情報とネットワーキング」を強化することである。これに照らし、ICH分野における情報の普及とネットワーク構築の第一の役割を担う、アジア太平洋地域48カ国の無形文化遺産の保護に向けた活動を支援する。我々は、アジア太平洋地域における文化的多様性の強化を支援し、多様かつ効果的な保護活動を通じて地域全体の持続可能な開発を促進するつもりである。

センターは情報とネットワーキングを専門としており、その目的は
無形文化遺産の保護に関するUNESCO 2003年の条約を推進し、アジア太平洋地域での実施に貢献する。
ICHの保護活動にコミュニティ、グループ、個人の参加を増やし、ICHに関する地域の意識を高める。
情報の調整と普及によるICHの保護のための地域能力を強化する。そして
ICH保護のための地域および国際協力を促進する

その目的を達成するために、センターは全体的な機能の範囲内でプロジェクトを実施します。
ICH保護に関する情報の効果的な共有を確保するための仕組みを確立する。
アジア太平洋地域におけるICH保護活動への意識を高めるために、ICHの情報を作成してオフラインで公開することによりICH情報を促進する。
関連するNGO、市民社会団体と同様に、関係するコミュニティ、グループ、ICHの個々の担い手のネットワークを構築し、強化し、維持する。適切な公開イベントを開催する。そして
関係機関(例えば、学術機関、コミュニティミュージアム、文化センター、アーカイブ、美術館、ユネスコカテゴリ2センター、個人専門家など)の間で、無形文化遺産の保護に関する情報と知識を交換するためのネットワークを構築し、強化し、適切な公開イベントを開催することができます。

タグ: